今や整形大国の日本は日帰りでできる気軽は整形が身近になっている

プチと言えども今は多くの施術方法がある

男性の意見

22〜38歳の働く男性の調査では、男性のリアルな反応が聞かれ、とても様々な見解があります。
結論として多数を占めるのは、パートナーが「プチ整形」したということを知って別れるかどうかは別として、「プチ整形」に対するマイナスイメージは未だに多いです。
否定意見としては、「親からもらった顔をいじることに抵抗がある」「今のままで十分なのにそれを変えてしまうのが残念」「隠されてしまいそうで嫌だ」「プチ整形だからと言ってエスカレートして行くのが不安」という意見。
一方で肯定的な意見は、「プチ整形は珍しくもないので許容できる」「努力している証拠と捉えられる」「美の追求は悪いことではない」という声がありました。
恋人や家族と、プチ整形で揉めないためには、男性が少し抵抗感を示すことを予め知って対策を講じるのも大事な点でしょうか。

女性の意見

否定意見としては、「一重を二重にした友人がいますが、私の感想は『もったいない』でした」「職場の同僚が目の整形をし二重になってましたが、本人がカミングアウトしないので、周囲は誰も聞くことが出来ません」「プチ整形だとしても、整形には反対。生まれたままの姿であるべきだと思うから。」という意見。
肯定意見は、「二重にして自信がついたのか、彼氏も出来ておしゃれにも気を使うようになりました。以前よりも明るくなったので、周りの空気も変わります。」「外見に自信がないだけで全てのことに自信が持てなかった友人がいましたが、プチ整形をしたら、仕事やスタイル、これまでと変わってないものに対しても自信を持てるようになったみたいです。」「本人がカミングアウトしてくれさえすれば、整形ネタを聞いてるのは、なんだかんだで盛り上がります。」
といったように、女性も同じくばらつきのあるご意見です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ