今や整形大国の日本は日帰りでできる気軽は整形が身近になっている

プチ整形の実態と背景

整形したいパーツ

女性部門の上位は以下のようになっています。
1位は、シワ・たるみへのアプローチで、肌を引きしめる術で、レーザーや注射を使用します。
2位は、二重施術。医療用糸を使用し、埋没法による術で二重にします。
3位はあざ・しみ・ほくろの切除でレーザー治療により何度か通い取るものと、一度で完全に取るものとあります。
4位は鼻の形を変えるものでヒアルロン酸注射。
5位は豊胸施術、バストアップ。これも注射によるものです。
ちなみに、男性部門でもプチ整形の市場は広がっております。
男性のランキング上位は、脱毛(ひげ、腕)、肌(ほくろ、イボ、あざ除去)のレーザーによる背術、ワキガ・多汗症に対する注射施術などがあげられます。
最近は、各美容サロンで、カップル割引なども実施しており、互いに外見を磨くことも受け入れられるようになっています。

整形してほしいと思うパーツ

1位は「スタイル」。
非常にざっくりで、細かく見ると、胸、ふくらはぎ、お尻の順に要求が多くみられます。
胸はC〜Dカップで垂れてない、足に関しては足首やふくらはぎが細く締まっている人が良い、お尻は意見が分かれますが、やはり締まって上がっているものがいいという意見が多数。
2位は肌。女性には透明感のある清潔な肌を求める人が多いです。
3位は髪。艶のある健康的な髪の方から、その女性の生活が清潔感のあるものと想像できるという意見が多いです。

また、「彼女や奥さんの目がある日突然二重になっても気が付かない」、「ヒアルロン酸で大きくなった胸は偽物だと思うと冷める」、「鼻が高くなったら違和感を感じて直視できなそう」、など美容整形で得る変化には男性は消極的な意見がかなり多くみられます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ